慣れてからが信用取引のホントの勝負!

実際に損してみなければ分からないこともあります

証券会社に口座を開設した直後に、複数の信用取引を行う人は既に株取引に慣れた人と言えるでしょう。通常取引を行っていた時には、多少値動きがあったとしても長期的な目線で株式を保有し続けて浮上を狙うことが出来ましたが、信用取引では利益も損失も最大3倍に膨れ上がります。追い証を求められることも珍しくは無いので、今での取引感覚から切り替えなければなりません。 信用取引では実際にどの程度の値動きで取引停止となるか、実際に体験しなければ分からないこともあるのです。信用取引の怖さを知ってこそ、慎重さと大胆さを兼ね備えた攻めの取引が可能となるでしょう。信用取引を始めたばかりの頃は、少ない銘柄で取引方法を慣れておくことも大切です。

慣れると複数の取引を並行して行える

法律上定められた信用取引の最低保証金については、30万円と定められていますが、実際には50万円単位で信用取引を行っている人が多いです。値動きをする株式相場では、日々損得両方発生する可能性があります。最大3倍の取引が可能な信用取引では、50万円単位で複数の株式へ投資する方法が一般的です。余裕を持って70万円や100万円単位で取引する人もいます。 預けている保証金の総額ではなく、複数の株式へ分散して投資を行う理由としては、値下がりリスクの分散が挙げられます。大きく値下がりをする銘柄が出ても、他の銘柄が上昇すれば損失を最小限で留めることが出来るのです。信用取引では、元金の最大3倍の取引が出来ることから、リスクも3倍となるので分散投資を行うことで利益とリスクのバランスを調整すると良いでしょう。