信用取引で大切なことは何?

ポジションをあまり長く持ちすぎない

信用取引を行うにあたって、これだけは守った方がいいということには、どのようなものがあるでしょうか。まず、売買と決済の間隔はあまり長くしない方がいいということが挙げられます。たとえば、制度信用取引の場合、売買後、半年以内に決済をして証券会社にお金や株を返さないといけません。なので、売買してから一ヶ月で十分な利益が出たにもかかわらず、欲張って期限の半年までポジションを持ち続けた場合、反対に損失が出てしまって、取り戻すことが不可能になったということがあり得ます。 また、カードローンの金利などと比べればはるかに安いですが、お金や株を借りることで金利や管理費などがかかってくるので、その点でも未決済状態をあまり続けない方がいいでしょう。

値動きを定期的にチェックする

また、株価のチェックを定期的に行うということも大事です。現物取引の場合、買ってからすぐ値段が下がってしまった銘柄を、そのまま塩漬けにして、値が戻ったら売るという方法があり、あえて値動きを見ないで放置する人がいます。見てしまうと、これ以上下がる前に売ってしまおう、あるいは、ここまで戻したんだから妥協して売ろうという風に、中途半端な状態で決済してしまうからです。 しかし、信用取引の場合、売買した時点から大きく値が動くと、損失が大きくなりすぎて手持ちのお金では返しきれないという事態が発生することもあるので、そうなる前に損切りをしなければなりません。当然、値動きをチェックせずにいれば損切りのタイミングを失うので、定期的なチェックが重要なのです。