あなたもできる?信用取引は難しいだけものではない!

とても簡単!現物取引をサポートするために利用

証券会社などから資金や株を借りて運用を行う信用取引には、金利や逆日歩など独特の構造があるため、運用面においては現物取引より格段に難しい側面があります。信用取引のみで利益を出そうとすれば、膨大なデータから構築されるシステムトレードを用いるしかありませんが、独自にそうした手法を作り上げるのは困難を極めます。 しかし、その利用状況をしっかり考慮すれば、比較的簡単に信用取引で利益を出すことができます。例えば、将来的に利益が見込めるため売却することができない現物株を空売りして擬似的に利益確定するといった手法は、しっかりと信用取引の仕組みを理解しておく必要はあるものの、信用取引を利用して利益を生み出す簡単な方法の一つとして知られています。

目からウロコ!?信用取引によって無料で株主優待の権利を得る

さらに信用取引を簡単に利用するものとして知られているものが、「株主優待権のタダ取り」です。 株主優待は、その権利が確定する日まで該当する株を現物で保有しておく必要があります。しかし、権利落ち日が過ぎてしまうと株価が下がってしまうことが一般的で、株主優待の権利は得たのに株価が下がってしまい、結局は大きな損失を抱えてしまうという状況に陥ることがあります。 こうした状況を防ぐために、株主優待を得たい株を現物買いした際に、同時に同一銘柄を空売りします。これによって、権利落ち日にどれだけ株価が下がろうとも損利が相殺されて株価による損失が発生することはありません。手数料や金利は支払う必要がありますが、ほぼ無料で簡単に株主優待の権利を手に入れることができます。